矯正歯科


矯正治療とは


矯正治療とは、歯並び、噛み合わせが悪い不正咬合を治す治療のことです。
最新の矯正治療装置は歯の痛みが少なく、歯に負担をかけない装置・外側から見えない装置などがあります。


症例


症状1

治療前

矯正装置 矯正装置 矯正装置
   

治療後

矯正装置 矯正装置 矯正装置


症状1

治療前

   

治療後



症状1

治療前

   

治療後



症状1

治療前

   

治療後



症状1

治療前

   

治療後



症状1

治療前

   

治療後



不正咬合の種類

1.叢生 一般的なデコボコした歯並び。乱杭歯、八重歯など。
2.上顎前突 上あごの前歯が下よりも出ている。
3.下顎前突 下の前歯が上よりも出ている。受け口。
4.開咬 前歯が噛み合わず、隙間がある。
5.交叉咬合 奥歯の噛み合わせが左右にずれている。
6.過蓋咬合 上の前歯で下の前歯が見えず、深く噛みこんでいる。
7.空隙歯列 歯と歯の間に隙間がある。

不正咬合のデメリット

1. よく噛めない 咀嚼障害
2. 喋りにくい 発音障害
3. 虫歯、歯周病のリスクが高い
4. 顔のイメージなど審美的要因
5. 口臭の影響
6. あごの変形、筋肉への悪影響
7. 歯磨きがきちんと出来ない
8. 唇が閉じにくい

矯正歯科治療の流れ

1矯正相談 初診問診表の記入口腔内写真撮影無料相談
(レントゲン撮影の場合、18才以上保険可 約 3,000 円)
 
2矯正検査 口腔内模型、追加レントゲン撮影、追加写真撮影
矯正検査料:大人 35,000 円/子供 30,000 円






3治療方法の決定 約1週間後、治療方法を詳しく説明致します。
矯正装置の選択
 
4矯正治療の開始 矯正装置を装着し、治療を開始します。
 
5矯正治療中 個人差はありますが、装置装着後は約1ヶ月に一度の通院になります。
 
6矯正治療終了時 矯正治療終了後、全ての矯正装置を撤去します。
全ての歯のクリーニングを行います。
 
7矯正治療後 矯正装置の撤去後は、骨が固まっていない為、歯は不安定な状態にあります。保定装置(取り外し可能)を装着し、歯を安定させます。

矯正装置の種類

自分に合った矯正装置を選びましょう

1メタルブラケット  金属で丈夫な装置

2クリアブラケット  一般的な白い装置

3デーモンシステム  痛みが少なく、歯の動きが速い装置

デーモン

4エステティックブラケット  透明な装置に白いワイヤー

インスパイア

5ハーフリンガル  リンガルの装置(上)、下は外側の装置

ハーフリンガルハーフリンガル    

6リンガル  歯の裏側に付ける外から見えない装置

リンガル    

 

矯正歯科治療費

成人の場合

全顎矯正 
1
メタルブラケット: 600,000 円
  
1
クリアブラケット: 700,000 円
  
1
デーモンシステム: 800,000 円
  
1
エステティックブラケット: 900,000 円
  
1
ハーフリンガル: 1,300,000 円
  
1
リンガル: 1,500,000 円
  
 
   
部分矯正 
1
ラビアル: 270,000 円
 
1
リンガル: 420,000 円
 
1
ワイヤーレス : 480,000 円
  
 
   
毎月処置料: 5,000 円