レーザー治療

レーザー治療


当院では炭酸ガス(CO2)レーザーを使用しています。

炭酸ガスレーザーの特性を生かして、歯周病治療、止血、口内炎の治療などに活用しています。

歯周病治療への利用では、治療後の炎症や痛みを抑えます。またレーザーの照射による殺菌効果も発揮します。

口内炎治療ではレーザー照射により痛みを緩和し、回復をうながします。

CO2レーザー治療のしくみ

1.レーザー照射によりレーザーが口腔内軟組織に入ります。

2.表面に熱エネルギーが発生し、周囲の組織が熱膨張を起こします。

3.熱膨張の結果、組織の蒸発や気化が起こり、緊張が加わって層が開き、切開されます。

4.「反射」「散乱」「熱伝導」が起こり、深い部分にエネルギーが浸透します。

5.表面は炭化されて蒸発し、最深層は毛細血管が活性化します。

歯周病治療にレーザーを使った場合

1、歯周ポケット内の殺菌

スケーラーで歯石を除去した後、レーザー光を照射します。

2、歯根面の内毒素の除去

歯根面にレーザーを当てて、内毒素の殺菌を行います。

3、歯石の溶解

スケーラーで歯石除去を行った後、残っている歯石をレーザー照射により溶解します。

4、炎症した歯肉をレーザーにより細菌の減少をはかります。

最後に外部外皮からレーザーを照射し、炎症歯肉を蒸散させます。
 
歯周病の原因は細菌が引き起こしていますが、
歯周病治療にCO2レーザーを使うことによりスケーリングで
取り残した細菌を除去し、炎症した歯肉の細菌を減少させます。